大好評

ご融資どっとこむ

説明文

公式サイトへ

 

そもそもブラックってなに?

みなさんも「ブラック」という言葉を聞いたことがあると思います。
ブラックとはブラックリストの略称ですが、
どういったことを意味しているのか正しく理解している人は少ないです。
そもそもブラックという言葉は私たちが使っているだけで、
ブラックリスト自体が金融業界には存在しません。
つまり、私たちが勝手に呼んでいるだけだと思ってください。

お金を借りる時に必ず審査がありますが、その時に利用されるのが信用情報機関の情報です。
信用情報とは現在・過去の借り入れ状況や返済状況のことです。
これを見て銀行や消費者金融などはお金を貸して大丈夫なのか判断することになります。
この信用情報機関は全国銀行個人信用情報センター、全国信用情報センター、CIC、CBC、テラネット
の5つに分けることができ、
それぞれ加盟している会社や登録情報が異なります。
例えば、銀行が加盟しているのは全国銀行個人信用情報センター、
消費者金融が加盟しているのは全国信用情報センター、信販会社が加盟しているのはCICです。
ここに登録されている事故情報が一般的にブラックリストと呼ばれています。

事故情報とは金融機関で何か問題を起こしたという情報のことです。
代表的なのが支払いの遅れ、長期間の延滞、自己破産、個人民事再生といったものです。
また弁護士に依頼して、金利を下げてもらったりすることも事故情報として登録されます。
普通に返済をしていれば事故情報として信用情報機関に登録されることはありませんが、
ちょっとした油断で返済が困難になると登録されてしまうので注意しないといけません。

また、自分がブラックかどうかは自分自身で調べることができます。
知りたい場合は全国銀行個人信用情報センター、全国信用情報センター、CIC、CBC、テラネットに
問い合わせてください。
この時に多少費用がかかりますが、そこまで大きな金額ではありません。
郵送料金に500円や1000円を足した金額程度です。
運転免許証や健康保険証といった身分確認書類と申込書も必要になります。

 

ブラックになるとどうなるの?

ブラックになるとどのような不都合が起きるのか知っておいた方がいいです。
自分は絶対にブラックにならないと思っていても仕事を失って支払いができなくなったり、
病気や入院で支払いができなくなる可能性は誰にだってあります。
また、軽い気持ちで支払いを遅らせたりしないためにもブラックになった場合、
どうなるのかを覚えておきましょう。

まず、ブラックになると基本的にお金を借りることができなくなります。
信用でお金を借りていたのでこれは当たり前です。
ブラックになった原因を作った金融機関だけ利用できないという訳ではなく、
どこからもお金を借りられなくなります。
申し込みはできますが、審査に通らないと思ってください。
どうしてもお金が必要な時に借りることができなくなるので、
今までずっとキャッシングに頼ってきた人からすると非常に大きなダメージになります。
さらにローンも組めなくなります。
住宅ローンや新車ローンなどを組めなくなるので、大きな買い物をすることが難しく、
人生設計を狂わす恐れがあります。
そして、クレジットカードの発行もできません。
申し込みをしても事故情報が原因で審査で落ちてしまいます。
このようにブラックになると今まで普通にできていたことができなくなるので生活が不便になります。
そのため、当たり前ですがブラックにならないに越したことはないので、
情報信用機関に事故情報が登録されないように細心の注意を払いましょう。

キャッシング・カードローンでお金を借りたのであれば、必ず返済期日を守り、
延滞をしないというのが大前提です。
仮に返済が遅れそうな場合は事前に連絡をして、その旨を伝えるようにしましょう。
連絡をしておけば一回や二回程度返済が遅れたからといって、事故情報として登録されることはないでしょう。
だからといって、遅れてもいいという訳ではないので、返済期日は守るようにしてください。
同じようにクレジットカードの支払いも返済期日を守らないと
ブラックになってしまうので気をつけないといけません。

ブラックでもお金を借りることはできるの?

ブラックになるとお金を借りることはできないと思っている人が多いのではないでしょうか。
確かに信用情報機関に事故情報が登録されると基本的にお金を貸してはくれません。
申し込みはできますが、審査で断られる可能性が高いです。
しかし、ブラックだとしてもちゃんと審査をしてくれる消費者金融もあります。
そもそも信用情報機関に登録されている事故情報は一定期間で消えます。
各信用情報機関によって期間は異なりますが、どちらにしてもいつかは消えるので安心してください。
事故情報が消えさえすれば、問題なく審査にも通る可能性が高くなります。
ただし、お金を返済していない場合は無効です。
ちゃんと審査をしてくれる消費者金融はヤミ金とは違い、
法律に則って貸し付けをしているので警戒する必要はありません。
そもそも事故情報があるからといって貸してはいけないという決まりはないので、
貸すかどうかはその会社の判断になります。
当サイトで紹介している「ライフティ」は、ちゃんと審査をしてくれる消費者金融なので安心です。